ビジネスパーソン・ガジェット置場 empty lot for business

営業や仕事、それに伴う生活を便利に楽にするツール、ガジェットを作ります。既にあるツールも自分用にカスタマイズ。

GCPでAPIの有効化しスプレッドシートと共有する

 GCPAPIを設定する方法を簡易に記載します。

f:id:kslabo51:20220218203521j:plain

GCP登録方法は割愛いたします。

①プロジェクトの作成(新しいプロジェクトから)

f:id:kslabo51:20220218203811p:plain

 

②作成したプロジェクトのダッシュボードへ移動

f:id:kslabo51:20220218203851p:plain

 

Google Sheets apiGoogle drive apiを有効化する

※下記「+API とサービスの有効化」をクリック

f:id:kslabo51:20220218203928p:plain

 

※下記の検索窓にGoogle sheets apiと検索

f:id:kslabo51:20220218203953p:plain

 

※有効化する前は「APIを有効にする」ボタンがありますのでクリックで有効化

f:id:kslabo51:20220218204015p:plain

 

※同様にGoogle Drive apiも検索し有効化します。

 

④認証情報から鍵を作成

APIとサービスから認証情報へ進む

f:id:kslabo51:20220218204046p:plain

 

※上部の認証情報を作成からサービスアカウントを作成をクリック

f:id:kslabo51:20220218204118p:plain

 

※サービスアカウント名を記入し「作成して続行」ボタンをクリック

f:id:kslabo51:20220218204136p:plain



※アクセス許可をオーナー権限にして続行

f:id:kslabo51:20220218204209p:plain



※最後に「完了」をクリックして完了

f:id:kslabo51:20220218204248p:plain

※サービスアカウントができているのでそれをクリック

f:id:kslabo51:20220218204303p:plain



※キータブに進み「鍵を追加」をクリック

f:id:kslabo51:20220218204319p:plain

 

※「新しい鍵を作成」をクリック

f:id:kslabo51:20220218204335p:plain

jsonを指定して「作成」をクリック。jsonファイルがダウンロードされる。

f:id:kslabo51:20220218204348p:plain

 

※作成したjsonファイルは作業ディレクトリに、名前を「secret.json」にして保管

 

APIを使用するスプレッドシートGCPを紐付ける

先ほどの「secret.json」を開きclient_email:に記載されているメアドをコピーし、スプレッドシートに共有

f:id:kslabo51:20220218204410p:plain

 

※右上の共有をクリックすると窓が開き、そちらにそのメアドを貼り付け、編集者の権限を与えて共有

共有完了!

 

★ここまでの手順は下記いまにゅさんの動画でより詳しく解説されています

youtu.be